頭痛は3つの機能性頭痛に分けられる

頭痛の痛みは本当に辛く感じる人が多いものですが、頭痛によって痛みも原因も変わってきます。
頭痛は3つの機能性頭痛に分類されまして、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛です。
まず偏頭痛は、ストレスや疲労のほか、女性がなりやすい症状でして、女性ホルモンから痛みを発せられるのではないかと考えられているのですが、実のところ、はっきりとした原因はまだ解明されていないのです。
ズキズキと脈を打つようにこめかみに痛みを感じ、光や音に敏感になったりします。
偏頭痛になったときは運動などのような体を動かすことはあまりしないほうが良く、ゆっくりと安静に過ごしていくことで治ってきます。
そして緊張型頭痛は、精神的なストレスやデスクワークなどのような仕事で同じ姿勢を長時間続けていくことで、血行が悪くなり痛みを感じる頭痛なのです。
軽く目眩がしたり、頭を何かに縛られているように痛みを感じたりするのは特徴で、体を温めていくことで楽になったりするようです。
血流が悪くなっているため、マッサージを行なうことでも効果があるといわれております。
そして最後の群発頭痛は、はっきりとした原因がまだ分かっていないものなのですが、体内時計の狂いから生じる症状ではないかと考えられております。
症状は「目をえぐられるような」と言われる激しい痛みを感じ、このような痛みを感じた場合は専門医に診察してもらったほうが良いかもしれません。
日ごろからの生活習慣から起こるといわれている症状ですから、規則正しい生活を心がけていくことが必要となるのです。
頭痛は、起こりやすくなってしまうことで高血圧になる原因となる場合があり、ストレスを溜めないように、そして規則正しい生活ができるように、生活習慣を整えていくことは健康を保つために重要なことになるのです。

■頭痛に加え、あなたの血圧は大丈夫ですか?
信頼の厚い高血圧治療薬ノルバスク